忍者ブログ
RINの書き物置き場。 一部官能物もあるので、18歳未満は見ちゃダメっ!
Posted by - 2017.09.25,Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by RIN - 2008.06.15,Sun

嘘とほんとと意地っ張り2

「雄ちゃん!」

場所が変わって今は琴姉のマンションと俺が受験する大学の近くの駅前にあるマック。

とりあえず、落ち着いて話そうという事と、まだ二人ともお昼ごはんを食べていないとの事でここで落ち着いた。ま、マック好きだし。

「ごめんね、夜ご飯はちゃんとしたもの作ってあげるから…」
琴姉の申し訳なさそうな声。こういうジャンクフードを好まないのは昔からのことだ。

「琴姉のご飯か…中学生のとき以来だよね?」
チーズバーガーに齧り付きながら答える。100円マックは庶民の味方だよ本当…

「そうね、小母様達が旅行に行ったとき以来かしら」

そう、たしかあの日は二人の結婚記念日か何かで、俺に飯も作らずに出て行ってしまったのだ。あ~、今思い出しても頭にくる…

「そうねぇ」
クスクスと笑う琴姉…あぁ美人になったよなぁ…

そう言えば、俺なんか泊めちゃっていいのかなぁ。彼氏に悪い…というか、いらない火種を作っちゃうんじゃないか俺?

一応そういうことも備えて、ビジネスホテルに泊まれるだけの金は持ってきてるし…
おばさんとお袋の間だけの話だったらやばいしなぁ。…ちょっと嫌だけど聞いておこうか。

「ねぇ、琴姉?…俺が泊まってさ、琴姉迷惑じゃない?その、彼氏とかに悪くない?一応俺も男なんだし…」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ねぇ、琴姉?…俺が泊まってさ、琴姉迷惑じゃない?その、彼氏とかに悪くない?一応俺も男なんだし…」

ドキッとした。

あの場所じゃ落ち着いて話が出来ないし、雄ちゃんもご飯を食べていないらしく私たちは駅前のマックに入った。本当は私こういう料理は好きじゃないんだけど、今回くらいは仕方ないよね。
とりあえず今晩は美味しいものを作ってあげようと思った。昔話とかをして盛り上がる私たち。

そんなときに雄ちゃんが発したその言葉に私は心底ドキッとした。

彼氏?そんなのいないしっ!
あの嘘を信じちゃってるんだ。そうすると私、相当はしたない女って思われてるっ!

どうしよう、困ったよ。
私が好きなのは雄ちゃんだけ。処女も処女、大処女ですよ~っ!
…でも今更そう言うのも大人気ないし。お姉さんなのに嘘ついていたっていうのもあんまり…ねぇ?
そ、それに…『一応俺も男』っ!?

う、うん。確かに凄いかっこいい。そりゃ、あっちでたくさんの女の子とお付き合いしてるって言うんだから『男』よね…

「わ、私は大丈夫。今…か、彼氏いない状態だし」

どうしよう。声が裏返ってるのが自分でも分かるよ~っ!
で、でも嘘は言ってないわよね?

「それよりも、雄ちゃんこそ彼女さんにちゃんと言っておいた?女の子って嫉妬深いのよ?」

私も…ね。・・・はぁ。

嘘とほんとと意地っ張り4へつづく

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
コメント
感想お待ちしています♪誤字脱字の報告も合わせてよろしくお願いします。
[08/27 ロギー]
[08/26 RIN]
[08/18 ロギー]
[09/12 RIN]
[09/11 ロギー]
プロフィール
HN:
RIN
性別:
非公開
趣味:
物書き 旅行
自己紹介:
日々徒然なるままにのた~りと書いていきたいと思います。

ジャンルは二次創作からオリジナル官能までさまざまです。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]